花に酒を掛け,絹のように日月を織る

浅勾水墨、深く軒逸、南山紅葉紅、北嶺金糸菊。 一面の水墨が空を真っ青にし,のれんの半分が雲と調和した。 紙と墨が風を引き、風雨に寄り添い、山の頂から柔らかな日差しが斜めに沈み、ゆっくりと金色のハローをこぼしていた。

1本の花をつけて,4月を割って,1つの酒を穴蔵に入れて,香が乾坤を襲った。。 静まり返って、四方に見えない云はもや、まだらの風雨の中に春の気持ちの深いあふれを探していない。 秋が暮れて,西には残霞が流れて,薄雲の半分を残して,何筆かはすでに散ってしまった横たわりを残していたのである。「&B;」を見よ。

WMラブドール

ただ見渡す限り、断雲の残垣、壁に風と霜がかかって、長い硝煙が三千年の山河に立ちこめ、漢時代の秦武の垂れ幕を描いた。 剣戟の中で風に吹かれて雨に吹かれ,代々の歌や涙をうずめた。

山川が流れる日と月は、黄河の蒼水の悲哀を記録し、嶺秀越の旗は、民族の生きた輝きを刻んでいる。

年輪をかがめ、日月を錦織。

城壁は蒼蒼とした天の石で,壁は万里の長城の境となり,倭寇の侵犯をさえぎっていた。国境の威勢に胸がいっぱいになり、敵の黄梁夢を追い払い、血まみれの軍刀の腰を二つに斬ってしまった。。 ただ青天白日に足を踏み入れるのを眺めているだけで,ついに外寇を追い払った。 西方の夕日を眺め、明月を招き、祖先を祭る杯と山河を祭る杯を挙げた。 歳月を血で流しながら、錦織は春秋の叙事詩を一巻にしている。

1つの時間を温め,1つの山水を挙げる。。 真朴な長い川を探して、千百年のあの回廊の変遷、赤い柱の移り変わり、歳月の中で慌ただしい流れをお客さん、波止場の綿々と続く漁火。 温かみのある鎮落、しなやかな周荘、奥深い烏鎮、壁をよじ登って山虎が躍動する点々、ぶら下がった藤の中で音を立てて耳に入る詩情に酔っている。

剥がれ落ちた世のほこり、歴史の章を重ね、雲が舞い、滴り落ちる雨、散る風鈴。 一滴の漆と墨、一塊の石煉瓦、一列の黒い瓦の悲しげな風雨。 しばらくの空、歳月、夕陽が西に降るやんわりと晴れていた。 酒に酔って一本の壺が星になると,秋の霜が川の中流に降る。。

風雨は雪が青々としていて,斜めに陽が沈むのは涼しい。。 渦巻く青い雲の中に、長い間続く夕日が昇って、雪のように梦のように、黄金色に輝いていた。 点滴が西に落ちて、深い夕日を混ぜて、長い蕭が耳に入って、手をつないで1段のすばらしい話、1場の物語。

風はうなり、季節を吹き、風は過去の煙を乾かした。 年越しの寒い夜に,時計がまた一つの年輪となって刻まれた。 かつての深い気持ちの酔いを呼び覚まして、雲霧の中のあの壺の幻想を打ち砕いた。 一夜の光は骨を蝕み、去った風の叶を忘れていた。