頭を下げることは,謙虚であり,更に謙虚で卑下しない.。 台頭するのは、この世界をよりよく知るためです。 道を行く時、頭を下げて足元の道をはっきり見るために、頭を上げるのは青空を見るために、この繁華で美しい人間の世界を見るためです。

にぎやかな街を歩いていると、目に映るのはネオンの光景だ。 ビルが立ち並んでいて、見上げると小さな空しか見えません。 鼓膜は様々な型番のラッパの音であふれているが、彼らがいったい何を争っているのかよく聞こえない。 街には大勢の男女が歩いている。一見マンネリ化しているが、よく見るとそれぞれ違う。広場で歌っている歌手が抱いているのはギターだけではなく、ずっしりと重い夢だが、灯火の透き通った中では取るに足らないようだ。 都市の繁華はそれに夜を忘れさせるのに十分で、明るい灯火は不夜城の生存を宣言しています。 ネオンの光は本当の光に取って代わることができますか? 分からない。

多くの場合、私は公園の小道を一人で歩くのが好きで、芝生の上に横になったり、池のそばの石の上に座ったりするのが好きですが、いつでもどこでも、私はいつも一人でいるのが好きなようですが、孤独を感じることはありません。 私は知っているから、この世のすべての道は、誰かが最後まであなたに付き添うことができるわけではありません。誰であろうと、あなたのどこかの渡し場と离散して、お互いに袂を分かつことができて、それぞれの前途に向かうことができます。

この世の中のすべての経路は、実はもともと同じなのです。 各人の心の中で求めている方向が違うだけで、だから違う道を選んで歩くことができます。 追求する人生の目標は異なって、発生する物語は異なって、発生する感情もそれぞれ異なっています。 だからどの道を選んで歩いても、すべて孤独な旅に决まっています。 いつも道があるので、一人で歩かなければなりません、 いつもいくつかの難関があって、一人で直面するしかありません。この世の中のすべての道、すべて歩いて行かなければならない理由があって、人生はいつも直面しなければならない苦難があります。

wmドール

しかし、この転がる浮世の中を歩いて、いつもすべての浮世の相に誘惑されて、もしかすると金に酔って、赤信号緑酒、またもしかすると各種の功名利禄の束縛、ただ1粒の清浄な心を保つことができて、やっとそのために自分を見失うことができなくて、元の初心を忘れました。 私たちは人生の旅を歩く時、いつもやり遂げなければならない:頭を下げて自分を見て、頭を上げて世界を見ます。

頭を下げることは、謙虚であり、美徳でもある。 頭を下げて歩くと、足元につまずきがないか気をつけて、足元を歩いている一歩一歩が、こんなにもしっかりしていてしっかりしていて、心に深く刻み込まれていることに気づくことができます。

頭を下げて自分を見るのは、自分をはっきり認識して、自分を逆に見て、自分の長所と短所を理解することを学ぶことです。 自分の不足を認めてこそ、自分を改善し、より大きな進歩を得ることができる。 自分を超えて、自分に勝つことは、成功であり、知恵であるからだ。

世の中の万象は、性本純真であり、美しい。 ただ人の心はいつも雑念と欲望が多すぎて、追いかけるものが多すぎて、足を止めて、沿道のすべての風景を鑑賞することを忘れました。 浮世道場に身を置いて、物質的な追求に執着すれば、自分の心にほこりをかぶせることになる。 自分の内面の教養を高めることを忘れず、絶えず自分の知恵を高めてこそ、変わらない心で浮世千重の変化に対応することができる。 恐れを知らない心で、世の中のあらゆる禍福栄辱に耐えることもできる。

人生が得意な時は、常に青空を見上げて、この世のありとあらゆるものを見なければならない。 あなたが本当に心で大自然の中に溶け込んでこそ、あなたのすべての得と失は、天地万物に比べて、すべてこんなに取るに足らないことを理解することができます。 ましてあなたの業績は?

失意の時、頭を下げて自分を見て、足元の道を見て、あなたは人生のどん底の中に落ちているかどうかに関わらず、あなたはすべて知っていなければならなくて、たとえどんなに暗くて目立たない隅でも、ある1株の粘り強く成長する小さい草があります。 たとえ逆境にあっても、簡単に自分を放弃してはいけない。希望を放弃してはいけない。ただ水が石を貫くからだ。人生にも越えられない難関はない。越えられない心だけがある。

万象はもともと苦いが,苦い方が人生である.。 もし苦痛を経験したことがなければ、どうして本当の甘さと幸福が来ますか? 転んだり挫折したりしたことがなければ、成功がいかに容易ではないかを理解することはできない。 ただ集散離合、悲喜苦楽、すべて一つ一つ味わって、やっと幸福がどんなに貴重であることを理解することができて、時間は更に私達の恣意的な浪費を許さないで、すべての一刻はすべて大切にしなければならない。

人生という修行は、自分の心を修練することが大切だ。 人の世の修行の最高の境地は、仏を心とし、道を骨とし、儒者を表とし、心を大きくして世界を見ることである。 修行した後の清らかな心で、世の中のさまざまな変化に直面すれば、万象が入り乱れていても、心は平然として束縛されない。 物事も逆に攻めずに破ることができ、転機が起こる。

だから、私たちは熱血、一筋の希望、一筋の微笑を持って、大股で前に進んでみてはいかがでしょうか。このように、「竹の杖と芒靴は馬に軽く勝って、誰が恐れても、一人の煙雨は平生に任せる」。このように、スマートでおおらかに前に進んでみてはいかがでしょうか!