空には小雨が降っていて、傘を持って川沿いを歩いていました。雨の音は、ゆったりとした夜曲のように、そっと耳のそばに響いて、詩意に満ちている。川の両側のハスの花は花期が旺盛で、青春のつぼみ、満開の蕊、黄金色の蓮の花は、誰もが足を止めて見つめていた。小雨が川に落ちて,さざ波が立って,幽夢のカーテンをかき乱した。太陽がないので、ハスの花の影も見え隠れして、耻ずかしい少女のように、琵琶湖を抱いて顔を隠していた。

绿の柳、ハスの花、ロードの人々は、私は海岸に立って、静かに自然が私に与えた园の中の美しい景色を楽しむ絵巻のように味がします。一年に一度、时間のデートに行って、私が必要かどうかにかかわらず、それは时間通りに来て、私の生活を少し光彩を添えます。

时間はまだ良くて、意外にもこの美意を裏切ることができなくて、そこで、最も柔らかい目でそっと愛撫して、もしキスを献上することができたら、全体の夏の朝を酔わせることができます。川に沿ってまっすぐ東へ行くと、尽きない美しい景色が一望できます。そで草が川面に浮かんで、積み上げても意外にも1つの風景になって、満開の黄花は小さくて精緻で、心に沁み込んで上品です。川は曲がりくねっていて、緑の木が青々としていて、後ろはどんな佳境なのか分かりません。

ハスの花に別れを告げ、前進を続け、雨が止み、空気が澄んでいた。園内をジョギングしている人がいて、パンチをしている人がいるので、景色を見ましょう。田畑の趣を暇にし,桟道が悠々としている.ふと、この先にお花畑があることに気づきました。入ってみると、清々しいコスモスが、あずまや玉立して、緑の草の中で揺れていました。心の中では喜びがあふれ,愛が眉尻に浮かぶ。ピンクの花を愛でたばかりで、雨粒をつけています。何歩か歩いて、またあの深い紫の顔がもっとしなやかだと思って、ただ、私の多情を恨んで、宝玉のようにどれをもっと爱しているか分かりません。私はおろか、ここに来た人は、どれも彼女たちの恋人になったわけではない。爱情のために人々はそれぞれ神通力を現して、美しい姿を見るために、黙って林間で待っています。あの痴情のある人は、顔を顧みず、ひざまずいたりうつ伏せになったりして、佳人を博するために振り返って笑うだけだ。あの女の子たちはもっと彼女たちを爱して、濃い化粧をして、キスしたり、頼りにしたり、目を凝らしたりして、彼女たちと私をひそめて、いつまでも飽きません。雨の後の空も、花と寵愛を争い、綿状の浮雲が波のように、音のように空に広がっていて、何とも言えない俊逸さがある。

花畑の鳥も集まってきて、草花の間でがやがや餌を探しています。彼らは機敏で、少し動静があると、一緒に近くの梢に飛んでいきます。着陸した瞬間、扇の形をした画面は白髪の老人をいっぱいに収穫させることができます。

それからあの八稜海棠、りんごは科に属しています。カイドウの実は枝いっぱいにぶら下がって、枝の枝を曲げました。特に樹冠のカイドウが好きです。日当たりがいいので、実が赤くなって、太陽の光に映えて赤くなっています。とても嬉しいです。

真夏のこのような遅い时間が好きで、音楽を聞いて、そよ風を伴って、自分を自然に溶け込みます。あの山、あの木、あの並木の小道は、すべてそんなに調和がとれていて、私の目が私の前に来るにつれて、私は眺めて、品を持って、覚えて、酒を高らかに歌って、詩に揮毫して、後人に詠ませます。幻想していて、響きがあって、独走している。

私はこの夏を爱して、梦のようです。感慨を禁じ得なくて、風と日が晴れて人の気持ちが良くて、それらを心の海に刷り込んで、私の心に従って思う存分のんびりしています。